What's New!

★11月~3月「下半期」講座の申し込み受付中です  
                                 講座内容の詳細は
こちら   募集要項はこちら
やよい塾では、消毒・検温・換気など、新型コロナウイルス感染防止対策をしながら、学びの場を維持しています。塾生のみなさんも、マスク着用・検温・手指消毒など、ご協力をお願いします。オンライン受講、学生割引(特価)もあります。ふるってご参加ください。講座内容は下記です(都合により変更になる可能性があります)青文字はオンライン講義です
◆11月6日 「山陰地方における縄文土器研究の現状と課題~主に研究の視点と方法について~」
                                                                                             講師:柳浦俊一氏(島根県埋蔵文化財センター)
12月4日 「弥生時代の始まりと弥生時代社会の形成」     講師:宮本一夫氏(九州大学教授)
1月8日 「伯耆の古代寺院〜上淀廃寺を中心に」                 講師:花谷浩氏(出雲市弥生の森博物館館長)
2月5日 「韓国中部地域の原三国時代の鉄器生産~集落出土資料の比較を兼ねて」

                                                                       講師:金武重(キム・ムジュン)氏(韓国 元中原文化財研究院院長)
3月12日「卑弥呼の墓を考える」 講師:藤田憲司氏(むきばんだやよい塾・塾長、元大阪府立近つ飛鳥博物館副館長)

【塾生レポート】   5月・6月・7月の講義概要、一挙掲載 NEW!!
◆7月 小澤正人先生の「中国古代の皇帝陵~始皇帝陵から曹操墓まで」を聴いて
◆6月 禰冝田佳男先生の「因幡・伯耆と畿内を結ぶ道を考える」を聴いて
◆5月 根鈴輝雄先生の「真実を伝える『古事記』の世界~四隅突出型墳丘墓を説く」を聴いて

【連載コラム】
藤田憲司塾長の部屋 塾長通信17号「“古墳時代”でいいのか」NEW!!   
深澤芳樹先生の部屋 奈良雑記帖 「酵素のはなし」
NEW!!  
 

鳥取県の国史跡妻木晩田遺跡は、約2000年前、弥生時代後期の大規模な集落と山陰特有の四隅突出型墳丘墓を含む墳墓群です。日本海を見晴らす山の上に営まれたわが国最大級の弥生遺跡です。
ゴルフ場建設によって破壊される計画でしたが、市民や考古学研究者による保存運動が全国的に広まって、1999年4月に全面保存されることになりました。

IMG_0811
IMG_0811

press to zoom
P9070397
P9070397

press to zoom
IMG_1699
IMG_1699

press to zoom
IMG_0811
IMG_0811

press to zoom
1/7

​HOTな話題 訃報 むきばんだ応援団2代目団長
​      坂田友宏先生、6月2日に御逝去  

​「むきばんだ応援団」2代目の団長・坂田友宏先生がご逝去されました。坂田先生には、応援団発足当初から副団長として、またその後は団長として、ずっと私たちの活動を、大所高所から的確なご指導をいただき、また陰に日向に支えてくださいました。2019年に、長年の活動実績が認められ、サントリー地域文化賞をいただいた時、とても喜んでくださり、私達も団長に少しは恩返しができたようで、本当に嬉しく思ったことでした。コロナがおさまったら、いろいろとご報告したいことが山ほどあったのに・・・残念でなりません。

きっと先生は天国でも私たちの活動を見守っていてくださると思います。そう思って、これからもがんばります。

​先生、長い間、ありがとうございました。

 

video04.jpg